2010年03月18日

<高校無償化>国連委、朝鮮学校除外に懸念を表明(毎日新聞)

 【ジュネーブ伊藤智永】国連の人種差別撤廃委員会(事務局・ジュネーブ)は16日、欧州本部で2月下旬に行った対日審査の最終所見を発表した。所見は、朝鮮学校など外国人学校への公的支援における差別待遇が、子供の教育に与える影響に懸念を表明した。

 所見は、日本政府が高校無償化で朝鮮学校を除外するのは人種差別に当たり、人種差別撤廃条約の「教育に関する権利の平等保障義務」に違反していると警告し、改善を勧告したものだ。

 また、日本で朝鮮学校の生徒らに対する嫌がらせや攻撃、インターネットなどを通じた人種差別的な表現が依然として続いていることにも懸念を表明し、政府に善処を促した。

 政府は2年後と定められた次の審査までに、改善状況を報告しなければならない。

 所見はこのほか、アイヌ民族▽在日外国人▽被差別部落▽沖縄などの差別問題を多岐にわたり指摘している。

 同委員会は人種差別撤廃条約を解釈し、各国を監視する最高機関。日本は95年に同条約を批准した。委員は各国の国際法や人権問題の有識者18人で構成され、日本も人選に同意した。規定では、各国は2年ごとに審査を受けるが、日本の審査は9年ぶり2度目だった。

【関連ニュース】
高校無償化:朝鮮学校除外は条約違反 人種差別撤廃委員会
高校無償化:朝鮮学校問題 国連委で議論
悼む:アイヌ文様刺しゅう家・チカップ美恵子さん=2月5日死去・61歳
国連:人種差別撤廃委、日本の問題議題−−9年ぶり開催
道アイヌ協会:不適切会計処理 虚偽出張旅費支出か /北海道

火災 老人介護施設全焼 入所者7人死亡、2人けが 札幌(毎日新聞)
「消えた年金」回復ペース落ちる=ベテラン減り効率悪化−日本年金機構(時事通信)
2か月女児を揺さぶり殺害、容疑の母親逮捕(読売新聞)
「順序が逆」民主に抗議へ=子ども手当修正協議で社・国(時事通信)
<シー・シェパード>監視船侵入のメンバーに逮捕状 海保(毎日新聞)
posted by ミスミ カツユキ at 02:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。