2010年02月04日

<ひこにゃん人気>彦根市にふるさと納税500件(毎日新聞)

 ◇少ない自治体から恨み節も

【写真特集】ひこにゃんのさまざまな姿を写真で

 一昨年に始まったふるさと納税制度で、滋賀県内市町の格差が広がっている。27日現在、制度を利用した寄付は草津市で15件(約58万円)、大津市も28件(約134万円)と伸び悩む一方、「ひこにゃん」=写真=への寄付が人気の彦根市は先月500件を突破。今月も全国から申し込みが押し寄せている。金額も06年度から寄付制度を創設した高島市が3000万円を超すなど、寄付の集まらない自治体からは恨み節も聞こえる。【稲生陽】

 ふるさと納税は故郷や好きな町に寄付する代わりに、翌年度の住民税などが一部控除される仕組み。多くの自治体では寄付者が「福祉」「スポーツ振興」など用途を指定でき、県にも先月、個人から琵琶湖保全のためとして3000万円の寄付があった。

 彦根市に昨年末まで集まった寄付538件(約557万円)のうち、市内在住者はわずか8%。全体の7割は大阪や東京などからの「みんなのひこにゃん応援事業」への寄付で、ひこにゃんの「お風呂代」や出張費などに使われているという。実際に彦根まで足を運んで寄付する人も増えているといい、同市まちづくり推進室は「応援という観点から、金額より件数重視。1回限りの大金より、続けて応援してもらう方が『ふるさと』にふさわしい」と話す。

 一方、大津市への寄付28件のうち、12件は佐藤賢副市長など身内の市職員で、金額でも4割を占めた。草津市も15件中5件が市職員だった。大津市の担当者は「市外に支払われる寄付の方が大きいのはベッドタウンの宿命。控除した分、市の税収には既にマイナスの影響が出ている」と話している。

【関連ニュース】
【写真特集】ゆるキャラまつり:130体が「ひこにゃん」の彦根に大集合!海外からも初参加
【関連記事】ひこにゃんへの年賀状じゃ1万通突破
【関連記事】ひこにゃんグッズ販売は終了?継続?
【関連記事】ゆるっと関西、香港で観光PR 多忙ひこにゃん「欠席」

秋葉原殺傷初公判始まる 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪(産経新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)
<通天閣>恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
posted by ミスミ カツユキ at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。