2010年01月20日

亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は15日午前の記者会見で、政府・民主党が永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案を政府提案で18日召集の通常国会に提出・成立させる方針を示していることに対し、「与党3党の連立合意に入っていない内容なので、各党できっちりと議論するところから始めなければならない」と述べ、慎重に扱うべきだとの考えを示した。

 その上で、「参政権は憲法上の日本国民の固有の権利と規定されている。かつて日本の支配を受けた人たちの思いに対し、参政権付与で対処すべきではない。帰化の要件、手続きを合理的にしていく努力をすべきだ」と強調した。

【関連記事】
公明、修正協議に前向き 外国人参政権法案で
森田健作知事「国籍持って投票を」 外国人参政権付与に反対表明
外国人参政権法案、連立合意が必要 官房長官
外国人参政権 小沢氏 強力に推進に動く
外国人参政権 外交配慮より主権の問題

日米両政府、同盟協議めぐり14日に事務レベル会合 (産経新聞)
それでも小沢氏絶賛、首相「強い信念の政治家だ」(読売新聞)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑−神奈川県警(時事通信)
「光」お題に歌会始(時事通信)
<名護市長選>17日に告示…普天間移設問題に影響(毎日新聞)
posted by ミスミ カツユキ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。